夜間の長距離移動は夜行バスを利用【車内設備も充実】

節約旅行や急な移動に

バス

乗り物で眠くなるならぜひ

これまで秋田‐東京間、東京‐広島間での夜行バスを利用した経験があります。旅行の際はまず飛行機のパックからチェックするのですが、タイミングが合えばお得に見つけられるものの、急遽決まった予定で直前予約になってしまった場合は安い時期より一気に1〜2万程度高くなってしまうことも。予約のタイミングがずれただけで、かなりの痛手ですよね。そうなると、乗っている時間が短いのは魅力的なのですが、予算が決まっている場合、いつも飛行機というわけにもいかなくなります。そんな時の救世主が夜行バスなのです。秋田‐東京間で言うと、直前の予約になってしまっても、各種サイトで比較したりクーポンなどが利用できたりするので片道8,000円程度に抑えることができます。安い時期ならなんとおよそ3,000円です。さらに昨今は比較サイトなどでホテルは格安で押さえられる場合もありますよね。飛行機のみ別で予約となると高くついてしまいますが、そんなときにも夜行バスが使えます。もちろん、行き先に友達の家があって泊めてもらえるという場合もですね。その際は必要なのは夜行バスの往復料金だけなので、旅費をだいぶおさえることができますよ。その分、現地で友達とおいしいものを食べたり、楽しく過ごしたりできるのもいいですね。さらに、「夜行」と言うだけあって、寝ている時間を移動に当てられるのがなによりの魅力です。前日の夜に出発して、目が覚めると目的地に。わたしのように「乗り物ですぐ眠くなる」という特性の方には特におすすめです。昔に比べると、トイレがついている車両がほとんどですし、席ごとブランケットやコンセント付など設備がすごく整いました。ニーズに合わせて、隣り合わない3列シートや、カーテンで個別に区切れるもの、フェイスカバー付などプライバシーに配慮したものも多くなっています。基本的に女性は隣も女性になるのも安心です。予算に合わせて選べますよ。

Copyright© 2018 夜間の長距離移動は夜行バスを利用【車内設備も充実】 All Rights Reserved.